2016-03-07

DERBY BAG

DARBY_BAG.jpg

BOOTLESS DERBY 2015に参加して頂いた方に

上記のランドリーバックをプレゼントさせて頂きます。

参加者の方でランドリーバックが欲しい方は、3/17迄にお申し出下さい。

尚、商品発送は着払い発送となりますので送料のみ各自負担でお願い致します。

宛先:info@bootlessboys.com  
※住所、氏名、電話番号は必ず明記して下さい。

2016-01-27

C.C.FLAG

CCFLAG.jpg

CRAFT&COLLECT当日の1月24日(SUN)それはそれは凄い雪。

朝一の搬入は路面が氷でキラキラ。
会場に向うのも一苦労。

途中コンビニでコーヒーを買うもハンドルを握る手に力が入り、
一口も飲めず。。

小雪のチラつく中、搬入作業が進められた。
「この雪だし来る人なんてそうはいないだろうな〜。」
なんて会話も交わしつつ来場者を待った。

11:00近くになると続々と人が現れた。
「え!来れたの!?雪どうだった?」
このフレーズを何度使っただろうか。

とにかく嬉しかった!

千葉から会いに来てくれたり、大阪、兵庫、岡山、高知、愛媛、と
沢山の方が来てくれた。

本当に幸せな特別な一日だった。

改めまして、御来場頂いた方々本当にありがとうございました。

またお会い出来る日を夢みて。
竿の先に黄色いフラッグを揚げておきます。

2016-01-17

CRAFT&COLLECT

CRAFT&COLLECT.jpg

1月24日(SUN)T.B.F.C.による "CRAFT&COLLECT"なるイベントが開催される。
ハンドメイドルアー展示を中心としたイベントとの事。
プロ・アマ問わずローカルな釣り人ビルダーとコレクターを集めるという未聞の内容。
僕も参加しますので、近くに用事がある方は是非。

あと、飲食物の販売は無いようです、
必要な方は持参でお越し下さい。との事です

T.B.F.C.


2016-01-05

BOOTLESSBOYS DERBY

CHAMPION2015.jpg
ダービーなんてしなければ良かった。。と思う位に心苦しい。。
エントリー写真を見る度にどのバスも良くて全員をチャンピオンにしたい。

これは毎年思う事で昨年までは選びきれなくて ”該当者なし” 
しかし今回は違った。
心苦しさなどは変わりはないのだが、一枚の写真に心惹かれた。

実は投稿して頂いてからずっと頭の中にあって、
この写真を思い出しては脳内妄想バッシング行き。

妄想でもなかなかキャッチ出来ず幾度とやられてルアーが
”プカ〜っ”と浮いてくる所を見た。
もはや悪夢である。

そんな妄想をさせるのは何と言ってもルアーの食い方。

”ルアーの頭から丸呑み”

この写真を2013-2015チャンピオンとさせて頂きます。
チャンピオンに選ばれましたAngler:Nao (#0)さんには
ジャケット又はトートバックもしくはスウェット等の何かプレゼント致します。
その他の物でも良いので一点選んで下さい。

そしてこれを機にBOOTLESSBOYS DERBYは一旦休憩とします。
沢山の方に投稿して頂き本当にありがとうございました。

参加して頂いた方には参加賞としまして粗品を御用意させて頂きます。
また用意出来しだい案内致します。

2016-01-01

NEW YEAR 2016

2016NEWYEAR.jpg

今年も始まりました。

昨年は色々な事に参加&挑戦して一年でした。

さて今年はどんな年になるのか。

2015-12-26

BOOTLESS DERBY 2015

DERBY-エントリーステッカ2015.jpg

今年も残すところ後わずか。。
現時点で沢山の方々に応募頂いております。

始まってまだ一度もチャンピオンを選べれていないのですが、
今年こそはチャンピオン誕生となるのか??

残す所後数日まだ望みは御座います。
31日の23:59まで受付させて頂きますので是非ご投稿下さい。

と書いている時に投稿メール!
ありがとう御座います。

BOOTLESS DERBY 2015

2015-12-16

Stunning Bass

Stunning-Bass.jpg

ロットン蚤の市楽しかったな〜。

自分の持ち場を離れてRetromイレクターズを行ったり来たり。
存分に物色&購入させて頂きました。

近所にロットン釣具店、Retrom、イレクターズが有ったら、
間違いなく破産だな。。

なんて言いつつも日頃会えないお客さんに会って話をしたり、
初めて商品を見て頂いた方々とお話が出来たり。
充実した一日が過ごせました。

皆様ありがとう御座いました。

蚤の市にて披露させて頂きました商品本日リリースしました。

" Stunning Bass_FG "

Body : No*cut off
Material:50% Cotton 50% Polyester
Print : Frock

気になる方は是非!
今後とも宜しくお願いします。

Thanks.enjoy!

2015-12-10

ロットン蚤の市

E383ADE38383E38388E383B3E89AA4E381AEE5B882.jpg
12月13日
ロットン釣具店 隣りの空き店舗にて "ロットン蚤の市" 開催。
午前11時-午後5時
釣り道具をメインに、野外道具や衣類、本などなど、
魚釣りにまつわるものばかりを集めたフリーマーケットです。
100年前のルアーから、できたてのルアーまで、国内外の古物新品が勢揃します。
来シーズンの為、又は冬支度に、ぜひ新たな道具探しに。

この様な蚤の市に出店させて頂きます。
出店といいましても売る物は有りません。。展示って感じです。
蚤の市というのに売る商品を持って行かないという趣旨に反していると
お気づきになった方もいらっしゃるかと思いますが、
声を掛けて頂き、引き受けさせて頂きましたので、
ご好意を無駄にせずに全力で釣具を購入させて頂きます。

それでは皆様の御来店心よりお待ちしております。

ps.スウェットを近日中にリリースする予定なのですが、
リリース前に蚤の市にて展示させて頂きます。
実物を手にとって見て頂けると幸いです。

2015-11-04

JUNKYS

JUNKYS_JUNKYS_Badge.jpg

楽しくて、楽しくて。
楽しくてアッと言う間の一日が終わった。

先日のブログは前フリだったのだと思わせる出来事。

レッドウィングのアブサンで物の見事にフックアウト!
痛恨とはこの事。

よってJUNKYS JUNKYS 2015のフライヤーデザインの答えは
”フックアウト”とさせて頂きます。。

あ〜〜釣り上げたかった。。


2015-10-26

JUNKYS JUNKYS 2015

JUNKYS_JUNKYS_2015.jpg

JUNKYS JUNKYS 2015 MAKING STORY

大岩に絡む沈んだ大木。
奥には岩と岩が重なり合って出来た空間。
その場をめがけロングキャスト。

タバコを取り出し火を付けて一服する程のロングポーズ。
糸ふけを取りゆるりとロッドを煽り音が出るか出ないの感じで二、三度もじらせる。

ショートポーズ。

今度は少し強めに”ゴフッ〜”っとアクション後潜った時二、三度トゥイッチング。
フラフラ〜っと浮いて来る。

反応が無い。。。

ロッドを立てゆるりとアブシング。
リールハンドル10回転した辺りで黒い影がアブサンの後方から襲いかかる。

”ガツンッ!!”強烈な感覚がラインを伝う。

当然フッキングをするのだが、ロッドを立ててのアブシング。
反射的にロッドを立てたままでのショートなフッキングとなる。

しかも後方からの追い食い、自ずとリアフックに掛かる。

慌ててリールを巻き再びフッキング。
そのフッキングを嫌がりバスがジャンプをした。

その後どうなったのか。
結末はご想像にお任せします。

そんなこんなでJUNKYS JUNKYS 楽しみましょう〜!

2015-10-20

TSUNAMI CUP

TSUNAMI-CUP20151011.jpg
TSUNAMI CUP

夜明けとともにスタート。
上流を目指さず下流に的を絞った。

しかし投げども、投げども反応は無く、
無情にも時間だけが過ぎた。

あ〜狙い間違った。。上流だったのかも。。
と思い会場に。

バスがご機嫌が斜めだったのか、
他の方も釣れていないという結果に
急遽キャスティング大会となった。

何を隠そう僕自身キャスティング大会が大の苦手で、
案の定奇跡は起きず、的にかする事もなく出番が終わった。

自分のタックルだったら入るんだけどな〜なんて言い訳も
今迄に何回言ったことか。。

そんなこんなでクジ引きで景品を頂いた。

釣れなくても、的にあたらなくても、
楽しいバッシング大会。
17回続いてるなんて凄いな〜。




2015-10-15

DARDEVLE

DARDEVLE.jpg
あ〜大変だ〜。。
霜月が来る〜!
本当にあっと言う間の10月。

色々有ったのだが、早すぎて記憶が断片的。

Fishing Safariも行った。
Tsunami-Cupも行った。
その他諸々バッシングにも行った。

まずはFishing Sarari

何日に行ったかな〜?忘れたけど、
連休の真ん中あたり、ハンズに向かった。

あまり渋滞もなく順調に進んだ。
寄り道もせずハンズへ無事に到着はしたものの、
玄関を入った所からブラックアウト。。

断片的にしか記憶がない。

とにかく凄い人だった事は覚えている。
日頃外にあまり出ない僕は直ぐに人混みにやられる。

当然お祭り、花火大会が苦手なわけだが。
そう思わせる程の人の量にやられた。

我に帰った時は地下駐車場。

何故か手に大きなダーデブルを握っていた。
ダーデブル昔から好きなルアー。

でも全然使わない。
というよりパッケージから出した事もない。

早い話がハンズフィールドのアウティングポイントで
Lou Eppingerに釣られたって事だな。


2015-09-17

Fishing Safari

FISHING-SAFARI.jpg
諸君、ハンズに行こう。

2015-08-18

Bucket Mouth_SR

Bucket_Mouth.jpg
本日、" Bucket Mouth_SR "リリースしました。

Body : No*cut off
Material:100% Cotton
Print : Frock

気になる方は是非!
今後とも宜しくお願いします。

Thanks.enjoy!

2015-08-01

Bassing Talk

Bassing-Talk.jpg

時が経つのが早すぎて追いつけていないのが現状。
早くも8月。。

しかし暑い。暑すぎる。。
暑過ぎて忘れてしましそうなので綴る事に。

一ヶ月程前のバッシング話。
その日は"夕まずめ"を狙いにダムへ。

そのダムでは一度もランカーを仕留めた事はなく
相性が良いとは言えないダムなのだが何故か足が向いた。

確かダムに着いたのは昼の2時過ぎだったと記憶している。
早朝の釣りとは違い、ゆっくりとした支度。

雲が多い青空、しっとりとした空気感そして無風。
今日の狙いは最上流のインレットと絞っていた。

しかし今から向かうのは早いと判断し、
ダムサイトで糸を垂らして時を待った。

そんな時、電話が鳴った。

電話の主はG.C.
「仕事が手に着かない!今から行っていいか?」
との釣りキチな内容に僕はふたつ返事。

一時間程待っただろうか、シルバーの車が木々を縫って近寄って来た。
「行くで!」の一言。それ以上の言葉は必要も無く静かに上流を目指した。

最上流のインレットに向かう途中にあるセクシーなポイントを手早くチェック。
無反応。姿を見る事もできなかった。

いつの間にか辺りは山陰が広がりローライトが進んでいた。
そろそろだなと判断し脇目も振らず最上流を目指した。

最上流部は西に向いて開けているのか中流域より明るかった。
数匹のバスを目撃し高揚した。

引き波が修まるころ " ゴッボッ!! ""ゴッバッバッ!!"とボイルが起きた。
二人は無言で同じ方向にロングキャスト。

まずG.C.がロッドをあおる!

「でた!!」

よく突っ込む見事なバス。

その直後、僕のルアーにも見事なバイト!
フッキング後ドラグが滑る見事なバスに魅了される。

だがこのポイントは本日の大本命で無い事に気が付く。
徐に舵を本命ポイントに向けた。

辺りではボイルは起こるもルアーのアタックそれほどでもなかった。
橋桁を抜け流れの無い場所で動力を切りポジションを取った。

フルキャストで流芯を少し越える位の距離。

G.C.は流芯左脇にキャスト。
僕は流芯右奥にある岩脇にキャスト。

流れにラインが引っ張られないようコントロールしながらヴァンガードを泳がした。

反転流から流芯に乗り流れながら泳がした瞬間"バッサッッ!!"っとバイト!
リールハンドルを一回しそれからフッキング!

"グッグッッグ~"流れに乗りながら走るバス!
負けじとリールハンドルを巻き応戦。

段々とバスが近づいて来た。
するとどうだ、そのバスの回りに15いや20匹近いランカーバスが群がって一緒に近づいて来ているではないか。

G.C.が「うわ!凄い!!ダブルヒットあるかもよ!」と声を弾ませた。

その瞬間にフックに掛かっているバスが跳ねそうになった。
僕は跳ねさせまいと急いでロッドを目一杯水に漬けた。

するとバスは水中でエラを大きく広げ頭を振ったその瞬間!
回りに付いていた無数のランカーが一気に襲って来た。

次の瞬間ロッドから伝って来るバスの動きが消え先程とは異なる重たさが伝わって来た。
そう、ダブルヒットである。

G.C.の見事なアシストもあり無事に2尾ともキャッチ!
感無量とはこの事という位に無量な経験をさせて貰いました。

人とは欲なもので次の朝一にG.C.と最上流のインレットに。
見事ノーバイト!ノーフィッシュ!!

流石ブラックバス!
期待通り期待を裏切るのね。。


2015-06-22

Bass Letter

ブラックバッス.jpg

20-21日にかけてブラックバッスというイベントに。

T.B.F.C.によって毎年ブラックバスの日(6月22日)の周辺週末に行われているのだが、
今年は移殖されて90年と節目の年とあってイベントの主旨はバスを食すである。

90年も前に膨大な資金と苦労をかけて移植されたブラックバス。
その主たる人物が"赤星鉄馬"氏である。
氏が綴り福原氏が編集、出版した本それが"ブラックバッス"
その本の冒頭に書かれている言葉が

"ブラックバッスを釣りたい、食べたい、繁殖してみたい" である。

釣るは日頃から行ってはいるし、繁殖は違法となると、
食べて意思を継いでみようというのが今回のイベントの主旨。

実はイベントに参加するのには正直なところ勇気が必要だった。
僕自身がブラックバスという魚が大好きだから
故意に殺して食す事に抵抗が有るからだ、
しかし食すという事には興味があるのも事実で、
単に魚と考えると何も考えず食せるのだが、
自分で釣ったブラックバスを〆て食すとなると。。

だが、これも何かのタイミングと思い意を決して参加。
G.Cと同船し計4匹のバスをキャッチしたのだが、
見事に全てリリース。。

ノーフィッシュでキャンプサイトへ。
その他の参加者もノーフィッシュ。。

ノーフィッシュのままにパーティーがスタートした。
その後、誰も主食であるブラックバスを釣りに行こうとはせず、
結局、食すことなくパーティーは終えた。

終えて思ったことは、食べる気持ち満々で参加したにもかかわらず、
結局リリース。

やはりリリースは間違った判断だったのか、
食すと言って食さなかったのは当初の主旨から考えると ‥‥
などなど考えさせられた。

考えた結果の答えは「やっぱり僕はブラックバスが大好きなんだ!」と。

赤星様へ
ブラックバッスを移植して頂きありがとうございました。
ブラックバッスのおかげで友達の大切さ、自然の大事さ、命の尊さを学ぶ事が出来ました。

2015-06-06

OUTING with Coleman

bootlessboys-signboard.jpg
ビックリする程の人。
2日で3万人を超える入場者数だったそうだ。

周りは一面コンクリート。
コンクリートジャングルとはこの事だ。

そんなジャングルにキャンプテントがずらり並ぶと、
そこは憩いの場オアシス。
老若男女が憩いを求めて訪れる。

てな具合に色々な人が来場。
ジイちゃん、バアちゃん、パパにママ、子供に赤ちゃん、
ビジネスマンにエブリデイアウトドアマンなどなど。

今回、顔ハメ看板を展示したのだが、
これがなかなか好評で、色々な方々が写真を撮ってました。

僕の知らない所で、" 優勝賞金50万!"とか、
" 優勝商品フロリダでバス釣りの旅 ! " などの噂が広まっていた様ですが、
そんな目録的な物は一切御座いません。
50万も出ませんし、フロリダバスツアーも有りません。。


あ〜50万有ったらな〜フロリダバスツアー行きたいな〜。。



2015-05-27

Outdoor Resort Park

coleman-signboard.jpg

Coleman Outdoor Resort Park 

このイベントに参加させて頂きます。

Vintage Collection & Lure Painting(by OUTING)のブース。

キャンプ好きは勿論、釣り好き、ご近所の方、お暇な方は是非ご来場下さい。
入場料無料です。

今週末5/30-31と2日に渡り
グランフロント大阪 うめきた広場にて開催。
詳しくは ☞ Coleman Outdoor Resort Park

2015-05-24

Splash Bass_NT

SPLASH_BASS_BG.jpg
本日、" Splash Bass_NT "リリースしました。

Body : Thermal long sleeve
Material:100% Cotton
Print : Water based ink

気になる方は是非!
今後とも宜しくお願いします。

Thanks.enjoy!

2015-04-26

Bivouac & Bassing

Bivouac-&-Bassing.jpg
野営とバス釣り。
贅沢な遊びだ。